本文へジャンプ

叙事詩 知床断章ー詩と書のであいー

平成21年1月4日(日)〜1月15日(日)

北海道立文学館 特別展示室

     

  会場入口風景

 北海道立文学館は公共の博物館で、書が
飾られるのは中野先生に続き2回目である。
   
    乾杯のあいさつ

1月4日のオープニング。お正月にも関わらず、大勢のお客様、及び関係者に見守られる中、ワインで乾杯。楽しいひと時を過ごさせて頂きました。
     
   会場内1

こんなにも広い場内。
果たしてお客様は・・・
     
   会場内2

若いカップルから、ご年配の方々まで、様々なお客様で埋まった場内。
10日間で1,011名の入場と文学館としては驚異的な数字となりました。
     
  知床断章(部分)朗読と縄文太鼓

1月11日、原子 修先生による知床断章の朗読にジャンペ太鼓の伴奏がついたイベントを開催。
迫力のある朗読でした。
     
     縄文太鼓

演奏者は茂呂剛伸さん
     
     トークと映像

朗読に続き第2部は書作秘話と題しスライドを駆使して書作風景など裏話を披露。
155名の参加者の方々に感謝致します。
     
     アクリル額

特別注文のアクリル額が好評。
写真を作品といっしょにはさむことにより、この世界で1枚しかない額に変身。
かなり満足。

   本サイト上に掲載された文章、画像等の著作物を無断で転載・引用することを禁止します。
 Copyright (c) 2009 山田起雲. All Rights Reserved.